ドクタータカハシ髭脱毛4回目

ヒゲ脱毛の値段いくら?
Drタカハシ(ドクタータカハシでの顔下半分は3回目)に行く前の写真。2010年7月

2010年7月ドクタータカハシ(池袋高橋医院)に4度目の来院です。

(夏なので髪の毛きりました)

夜勤明けでひげもちょっと生えてしまってますが、毛周期的には今回とてもタイミングがいい時に予約が取れました。

9回目の脱毛になりますが、顔下半分を受けたのは実質6回目となります。(ダンディハウスドクタータカハシのテスト脱毛は除いて)

今回は毛周期的に今いちばん生えている時期です。

毛周期によってはもっと生えてくるヒゲが少なくなります。

ドクタータカハシでは毛周期によって『次回の予約は何月何日以降がいいですよ』と教えてくれるのですが、僕の場合、確実な休みが日曜日のみで仕事の都合もあってなかなかピッタリの時期にはいけないです。

なので、早く終わらせたい。通う回数を減らしたいので今回は光の出力を上げてもらいました。

26ジュールでヒゲ脱毛をしました

Drタカハシで脱毛した直後の状態 写真 画像

今回は、ヒゲの密度も少なくなっていることだし、光の出力を上げてくださいと施術スタッフの人にお願いしてみました。

いつもなら、18~20ジュール(以下J)、で照射してもらっているのですが、今回は部分的に26J。

照射テストをしてもらって、22、24Jでも大丈夫そうだったので26Jまで上げてもらいました。

P-NAINはフラッシュ脱毛ですが、出力をここまで上げるとダイオードーレーザーの時と同じように、ヒゲが膨張して飛び出てきました。(けど、この抜けそうに膨張したひげは抜けません、自然に出てくるのをまちます。)

このくらいの反応があると抜ける感がすぐに味わえて即効性を感じます。
ただ、やっぱり出力を上げてもらえば、痛みも強くなります

施術が終わった後もかなりヒリヒリしましたが、冷却もしてもらい、ワセリンもたっぷり塗ってもらいました。今回かかった時間は大体1時間半。

ヒゲ周りが赤いのは照射のせいですが、唇の周りが荒れているのは夜勤明けの疲れです。

クリックして拡大

Drタカハシで4回目のヒゲ脱毛のまとめ

照射出力を上げてほしいというリクエストに、テスト照射を2回もしてくれて出力を上げてくれたのはちょっとうれしかったです。

出力を上げてもらうと照射時はもちろんのこと、その後もヒリヒリがいつもより長く続きます。多分このくらいヒゲが膨張しているところをみると毛のう炎もできやすい気がします。

毛のう炎 画像

施術2日後、毛嚢炎がでました。

神奈川クリニックのときの毛のう炎ほどひどくはありませんが小さいにきびのようなものが唇の下に6~8個くらいできてかなりかゆいです。

毛のう炎が嫌な人は出力はあまりあげないほうがよさそうです。

19~20J(ジュール)で照射しているときはほとんど毛のう炎出ませんでしたから。

アフターケアもしっかりしないとですね。

ドクタータカハシのヒゲ脱毛5回目の写真>>


このページのトップへ