医療レーザー脱毛2日後の泥棒ひげと毛のう炎

ヒゲ脱毛の値段いくら?
医療レーザー脱毛2日後の写真。泥棒ひげの状態で毛のう炎までできてしまった。

神奈川クリニックでヒゲの医療レーザー脱毛をした2日後の写真です。

医療レーザー脱毛後の泥棒ひげといわれる状態になりました。

泥棒ひげは、医療レーザー脱毛後の毛が膨張して髭が濃く見える状態をいいます。さらに毛嚢炎(もうのうえん)というにきびのような炎症がでました。

鼻下のが膿んでしまい一番大きくて直りにくかったです。

毛嚢炎はレーザーを当てた2日後から8個ほど大小含めできました。

普段あまりにきびのできない肌なので気になりました。

ピュウウォモでフラッシュ脱毛をしたときやダンディハウスでニードル脱毛をしたときはこのような症状は起こりませんでした。)

毛のう炎は1週間ほどでだいぶ良くなりました

医療レーザー脱毛 2週間後の写真

医療レーザー脱毛2週間後の写真。泥棒ひげ状態も毛のう炎もかなりよくなりました。

神奈川クリニックの医療レーザー脱毛を受けてから2週間後の写真です。

毛のう炎もだいぶ小さくなり、髭は手で引っ張るとスポスポと抜けました。泥棒ひげの状態もかなり目立たなくなりました。

髭は剃りにくいですが、だいぶ薄くなった気がします。

生えてくる毛も細くなった気がします。

ニードル脱毛、フラッシュ脱毛、医療レーザー脱毛、とやってみて、医療レーザー脱毛はコストパフォーマンス的に一番いい気がします

自分では毛のう炎や泥棒ひげの状態が気になりましたが、職場の人に聞いたみたら、いわれれば気づくけど、いわれないと気づかないといわれました。

彼女にも聞いてみたら、長年働いている会社だと職場の男性の顔なんて特に気にしてみていないともいわれました。(悲しいですね。)

>神奈川クリニックの脱毛後の経過写真

ダイオードーで脱毛するならドクターコバ

現在神奈川クリニックはKanac美容外科皮膚科クリニックとなったあと倒産しました。神奈川クリニックで人気だったダイオードーレーザーのライトシェアで脱毛するなら今はドクターコバ銀座院がおすすめです。


このページのトップへ