男のVライン脱毛の需要は右肩上がり!?

ヒゲ脱毛の値段いくら?

男のVライン脱毛

男のVライン脱毛

足、太ももの毛が毛深いと悩む人、全身脱毛したい人に密かに人気の男のVライン脱毛

ブリーフパンツ、ビキニパンツを履いても陰毛ははみ出ないというだけでなはく、股間の蒸れやかゆみ、また長い毛が皮に挟まるといったことも防いでくれるため、快適なVラインの毛量にするためなどの需要で男性のVIO脱毛はヒゲ脱毛の次に人気の脱毛部位となっています。

このVライン脱毛はゲイやトランスセクシャルでない普通の男性の需要が増えています。ハイジ男子とも呼ばれ、モデルやタレントを始めスポーツ選手もVラインやVIOラインの脱毛をしています。永久脱毛でなくてもスポーツや水着を着るときにも快適な毛量と毛の長さといった手入れをすることはもはや男性でも当たり前に。今や男性のVIOブラジリアンワックスをする専門店もあるほどです。

Vライン脱毛はゴリラクリニックやメンズリゼクリニック、湘南美容クリニックでも人気の脱毛部位です。VIO脱毛を売りにしているメンズエステやクリニックもあります。

ヒゲ脱毛は、○○クリニックで、Vライン脱毛は××クリニックでと脱毛箇所別に通うクリニックを選んでいる人もいるほどです。

全身が毛深くて、ふくらはぎを脱毛した後に部分的に毛深い場所を残すのが嫌だというので脱毛する人も。(全身脱毛すると毛深い部分との境目が気になります。)

男性のVライン脱毛は清潔感UPのために

男のVラインは毛深いと匂いがこもったり、汚れが付着してしまったり、夏場はかゆくなったりと、毛深くていいことはなにひとつありません。

もともと陰毛は男性器を守るために生えていますが、このご時世で寒くて凍死するといったことがないように、体温の調整の機能としての毛の存在意義は最早ありません。

むしろ陰毛が部屋に落ちていたり、風呂場やトイレに落ちているのをみるのは不快ですし、ホリエモンも自分の毛が部屋に落ちているのをみるのが嫌だったため脱毛したと言っているほどです。太くて長い陰毛は髪の毛と違い明らかなので、部屋に落ちているのをみられたときの気まずさもあります。

蒸れや匂いがするのはもちろんマナー違反ですし、エチケットとして、長さを整えたり、短くカットをしたりということはスポーツ選手を始め、日本でも当たり前と化してきています。

海外遠征日本人サッカー選手は当然お手入れ

海外では男性のVIOに毛が生えているのは不潔という印象が強く、海外での日本人サッカー選手がそのことについてカルチャーショックを受けたということは今までも何度も話題となっています。

ヨーロッパでは生えていると恥ずかしくてシャワーを浴びれないというほど、陰毛はなくて当たり前。生えていると汚いというイメージで、一緒にシャワーを浴びたくない、お風呂に入りたくないといわれるほどです。

ドイツのシャワールーム

ちなみになぜシャワーを浴びれないということになるか?ということろなのですが、ヨーロッパのジムなどにあるシャワーは個室ではなく仕切りもないところが多いため。となりの人の裸が丸見えというわけですね。こちらはドイツ在住の友達が送ってくれた写真で、ドイツのウェイクボードのシャワールームです。仕切りなんてあるようでないです。

白人選手は当然、毛が黒くない人も多いですから、毛の黒い日本人が生えているのが見えたら存在感があるのです。しかし、ヨーロッパ人の多くは永久脱毛をしているわけではなく、単純にお手入れとして頻繁に剃っている人が多いです。ヨーロッパ人は剃るのが夜の行為時のマナー。生えているなんてありえないという感覚なのでみんな剃っています。

男性のVライン脱毛の値段

永久脱毛をするか?しないか?についてはVラインを始め陰毛の濃さや量によっても考えてみてもいいと思います。なぜならVIO脱毛もヒゲと一緒で1回では終わらないためです。毛周期に合わせて6~10回ほど通いますが、ヒゲ程はしぶとくないものの、数回では薄くなったなと言う程度。毛量が多い人は3回程度受けると毛の密度が減った感じ、まばらかんを感じる程度まで減らせるでしょう。VIOラインの脱毛でもVラインのみの脱毛の値段を見てみましょう。

クリニック コース料金(回数) 1回料金
湘南美容クリニック 29,280円(6回) 6,180円
49,500円(5回) 16,500円
66,000円(5回) 16,500円
61,380円(5回) 20,680円
69,300円(5回) 19,800円

男のビキニライン(Vライン)脱毛は湘南美容クリニックが一番安く、次がメディエススキンクリニックになります。メディエスは初診料3,000円と再診料が都度1,000円かかりますが、それでもドクターコバやメンズリゼ、ゴリラクリニックに比べると安いです。しかし、湘南美容クリニックはVIO脱毛ができる医院が限られています。

Vライン脱毛は男性看護師が施術します

男性のVライン脱毛はほとんどのクリニックが男性スタッフが施術します。そのため湘南美容クリニックでは施術できる医院が限られます。メンズリゼクリニックやゴリラクリニックはほぼ全医院で可能ですが、提携クリニックに当たる店舗では受けることができません。

Vライン脱毛は恥ずかしくないの?

男のVライン脱毛の様子

男性のVライン脱毛はクリニックによっては紙ショーツも用意がなく、下半身丸出し状態で照射します。そのため上半身は洋服を着たまま、下半身だけ脱いでタオルをかけた状態で施術を行うことがほとんど。

最初はなんとなく恥ずかしい気持ちがあるとおもいますが、施術自体が痛いので、恥ずかしい気持ちよりも痛みを我慢することのほうが印象に残ると思います。Vラインの毛量や脱毛範囲などはカウンセリング時に相談も可能です。

Vライン脱毛は麻酔が必要?

男のVライン脱毛

Vラインはヒゲの次、脇の下と同等かそれ以上に痛い部位です。ヒゲ脱毛を麻酔なしで我慢できる人はたいてい我慢できると思いますが、痛みを強く感じやすい人は笑気麻酔やクリームタイプの麻酔を使うことが可能です。ほとんどの人は麻酔なしで施術を受けています。

笑気ガスを使った笑気麻酔でもクリームタイプの表皮麻酔でも痛みが全くなくなるというわけではないので、一度麻酔なしで試してみて、無理そうだったらお願いすればいいともいます。どのクリニックでも麻酔はオプションであるため別料金です。

Vライン脱毛は何回通えば終了?

Vラインは脇の下と同じくらいしぶとい部位です。毛の量も体毛の中では脇毛の次くらいにあるとおもいます。ヒゲ脱毛に比べたら減っていくのが目に見えてわかりやすいですが、毛自体は太いので痛みもそこそこありますし、回数は最低でも5~6回程度はあったほうが目に見えてまばらになりなくなった感がでます。3回程度だとまばらに密度が薄くなったと感じますが、ツルツルにはならないです。

ツルツルにするには最低6回から12回程度は必要です。もちろんもともとの毛の密度により、個人差があります。その場合追加料金が安いクリニックを選ぶといいと思います。

Vラインと似ていますが、ボクサーラインとVラインは範囲がちょっと違います。

ボクサーライン脱毛とは

男のビキニライン(Vライン)にちかいボクサーライン。ボクサーラインとはボクサーパンツをはいた状態の毛の境目をいいます。ボクサーパンツを履いてはみ出る部分のムダ毛の処理をボクサーライン脱毛ともいいます。

Vラインと似ていますが、ボクサーラインとVラインは範囲がちょっと違います。

なので『ボクサーラインまではやりますが、Vラインはやりません』といったエステやクリニックの表記もあるほど。足やお腹の脱毛の境目をボクサーラインと設定しているところもあります。

Vライン脱毛のオススメクリニック

ゴリラクリニック処方クリーム

Vライン脱毛は下腹部でデリケートゾーン。そのため万が一の毛嚢炎や肌の炎症などが合った場合適切な対応、薬の処方ができるクリニックでの施術がおすすめです。メンズエステでもVライン脱毛を行っているところがありますが、万が一やけどや毛嚢炎などがでてしまった場合、別途病院に自分で行かなくてはいけません。ちなみにゴリラクリニックの場合、薬の処方はどの医院でも受け取り可能です。

クリニック コース料金(回数) 1回料金
湘南美容クリニック 29,280円(6回) 6,180円
69,300円(5回) 19,800円

Vライン脱毛でのオススメは湘南美容クリニックゴリラクリニックです。湘南美容クリニックはとにかく単価が安いということ、誕生月にポイントがもらえるなど継続する上でも安さはダントツです。しかしVラインの施術は男性看護師が行うため、通える医院が限られています。

ゴリラクリニックはメンズ専門の脱毛クリニックであるため、待合室で女性と同席することもないことや、笑気ガスなども配備されていて男性スタッフも多く、新潟以外の全医院でVIO脱毛が可能です。

以上を踏まえて通いやすさ、気分良く通えると思えるクリニックを選んでください。どちらもカウンセリングは無料です。

お知らせ 湘南美容クリニック水戸院が開院しました

湘南美容クリニック水戸院が2019年12月21日より開院しました。楽天ポイントでの支払いができて、楽天ポイントも貯まるので湘南美容クリニックはポイントでお得に通えます!湘南美容クリニックのポイント還元についての詳細はこちら


このページのトップへ