メディエス渋谷クリニックで顔全体のヒゲ脱毛を体験しました

メディエス渋谷クリニックで脱毛する直前の状態

前回からちょうど1カ月後になる5月の中旬に2回目のヒゲ脱毛に行ってきました。

磯崎さんは処方された外用クリーム(炎症を抑えるクリーム)をしっかり塗っていたからか?特に毛嚢炎などもなく、快適に過ごせたみたいです。

ひげは、前回の施術から大体2~3週間くらいずっとスポスポ抜けていたようで、特に鼻の下は剃らなくていいほど、抜けました。

これはメディエスに行く前のヒゲを剃らない状態で撮った写真です。

だいぶまばらになってる感がありますね。

これで、このまま減っていくといいのですが、これは毛周期の都合もあるので、まだまだ生えてくるよってことを念のため伝えておきました。

月1回で通うと、減った状態からまた次のサイクルの毛にダメージを与えられるので効率よく毛が減っていくと思われますが、ヒゲは本当にしぶといので、回数は最低でも6回必要です。

減ったな~と思って通う期間を開けてしまうと、元に戻ったかのように生えてくるので、毛周期に合わせて最初のうちは月1回で通うのがいいです。

さて、今回メディエスに通うのは2回目の磯崎さん。

前回よりもヒゲが薄くなったため、特に麻酔も必要とせず、レーザー脱毛をしてきました。カウンセリングでは院長先生に、『特に問題はなかった?薬はまだある?』などといった簡単な質問をされて肌の状態のチェックをしてもらいました。

前回は初めてだったのでレーザーの出力を若干弱めていたみたいで、今回は少しだけパワーアップしての照射でした。

メディエス渋谷店で脱毛2回目の写真

メディエス渋谷クリニックでヒゲ脱毛(顔全体)体験後の写真

メディエスのヒゲ脱毛を体験した後の写真です。

また、特に泥棒ひげ状態にもなっておらず、クールダウンのアフターケアがあるためか、肌の赤みもあまり目立たず、きれいな感じです。

じゃっかん頬のヒゲのところがみみずばれっぽくなっていますが、それもかなり近づかないと分からない感じです。

ほっぺたのヒゲは、鼻下や顎などの口周りに比べて磯崎さんも僕といっしょで薄い方なので、たぶんすぐになくなるかと。

やっぱり鼻の下とアゴのあたりは今回もけっこういたかったみたいですが、『もう別に麻酔をしたいとも思わないほどの我慢できる痛み』だといってました。

アフターケアがしっかりされているためか、本当によく見ないと赤くなっているかもわからないですね。

メディエス渋谷クリニックでヒゲ脱毛(顔全体)施術前後の写真

2回目アゴしたの写真

こちらはアゴしたの写真、ちょっと肌が赤くなっているのがわかると思います。
今回はここ以外あまり炎症を起こしているようなところはありませんでした。
反応している毛もそこまで膨張していません。

前回もらった外用薬がまだ残っていたため、ぬり薬の処方はありませんでした。

2回目だったので、所要時間は1時間程度。
アフターケアの時間がだいたい15分から20分くらい。

塗り薬をちゃんと塗っていたら毛嚢炎もなかったので、泥棒ひげにもならないし、快適にヒゲ脱毛ができています。

磯崎さんは、術後のヒリヒリがちょっと気になるらしく、肌を触っていましたが、毛嚢炎になるので、汚い手であまり肌を触らないように僕からも注意しておきました。

月1でレーザー脱毛を受けているとこんなに減って見えるのがよくわかりました。

また、まだ毛のサイクル的に目に見えないヒゲが隠れているので、ここでやめてはいけないのです。というわけで、来月もきっちり予約を取ってもらいました。

仕事の関係上、磯崎さんは仕事の合間にふらっと平日も行けてしまうのでうらやましいです。
僕は日曜日しか行けなかったから、なかなか続けていけなかったんですけどね。

メディエス渋谷クリニックで脱毛する直前の状態

前回からだいたい1カ月後になる6月の下旬に3回目のヒゲ脱毛に行ってきました。

磯崎さんは施術後もほぼ毛嚢炎に悩まされることや泥棒ひげになることもなく、順調かつ快適にヒゲ脱毛しています。

ちぃ~さい毛嚢炎はほんの1,2個できたみたいですが、僕の時みたいな大きい毛嚢炎はできてないです。

ひげは相変わらず術後の1週間過ぎたあたりからスポスポ抜けて2~3週間くらいはひっぱると抜けます。(無理に引っ張ってはいけません)

まばら感が出てきているため、ヒゲを剃る回数も2日に1度くらいになっています。

ほほのヒゲはとても少なくなったため、本数を数えられる程度になっています。
アゴの部分のヒゲも生えてくる範囲が狭くなり、逆に恥ずかしいくらいのまばら感になっています。

鼻下はさすがにしぶとい箇所なのでまばらになっているものの、次の毛周期の成長毛が出てきた感があります。

ちなみに磯崎さん、うっかり日焼けしてしまったようです。

あの~日焼けはヒゲ脱毛の時にはNGです。日焼けしてしまったのは先週の日曜日だったため、肌が少し焼けて色のトーンがちょっと黒くなってしまっていた感は若干ありましたが、もともと磯崎さんが肌が白い方なので、施術は受けることができました。

でもやっぱり、少しでも日焼けをしてしまったためか、前回よりも痛みを感じたそうです。

メディエス渋谷店で脱毛3回目の写真

メディエス渋谷クリニックでヒゲ脱毛(顔全体)体験後の写真

メディエスのヒゲ脱毛を体験した後の写真です。

また、特に泥棒ひげ状態にもなっておらず、クールダウンのアフターケアがあるためか、肌の赤みもあまり目立たず、きれいな感じです。

アフターケアは人と肌の状態によって時間が変わるそうです。

赤みがある程度引くのに時間がかかる人もいるので肌の状態をみて施術してくれる人が判断してくれます。

今回はアフターケア中に写真も取れたのでこちらで紹介しています。

磯崎さんの場合、僕に比べて赤みの引きが早い感じがします。
ちなみにメディエスのアレキサンドライトレーザーの出力は大体10J~20Jなんだとか。それで十分効果がでますといっていました。

ジュール数は、院長先生の診察を受けて肌の状態などをみて決めてくれるんだとか。

ちなみに、はじめてレーザー脱毛を受けたとき、歯茎がじんじんする感じがしたのですが、レーザーを皮膚に当てると肌の組織にも影響があるため、神経がつながっているところに違和感を感じることがあるんだとか。

だから、親不知、虫歯を抜いた人ばかりの人で ほっぺたが晴れているような人には脱毛施術はできないようです。そういう意外なこともあるので、クリニックでは院長の診察があって安心ですね。

メディエス渋谷クリニックでヒゲ脱毛(顔全体)施術前後の写真

メディエスヒゲ脱毛3回目アゴ下の写真

大して赤くもなっていませんね。
磯崎氏は、やっぱり肌質が僕と違うせいか?毛嚢炎が本当にでてなくてうらやましいです。

毛嚢炎は本当に肌質とアフターケアで左右されるそう。

メディエスは医療機関でしか出せない軟膏クリームをつかってアフターケアがあるため、メンズエステのアフターケアとは全然違います。

それにしてもうっかり磯崎さんが日焼けしてしまったことにはびっくりしたのでUVケアをアウトドアのときとかには必ずすべし!と伝えておきました。

せっかく月に1回通っているんだから、日焼けして脱毛できないともったいないです。皆さんもヒゲ脱毛の時はうっかり日焼けしないように。

右が5月のヒゲの状態(脱毛前)左が6月のヒゲの状態(脱毛前)

鼻下は復活しているように見えますが、新しい成長期のヒゲが毛のサイクルで生えてきたのだと思われます。鼻下のヒゲの密集度は頬や顎などの部位よりも高いので、ヒゲでも一番しぶとい場所です。アゴ周囲はだいぶ減って見えます。

こちらは同じくアゴ下のヒゲです。右が5月、左が6月の状態。両方ともメディエスに行く前に撮ったものです。

こちらは右側の頬のヒゲの状態。頬のヒゲは細くなって生えてくる本数も少ないため頬の髭剃りはここ2か月間ほぼしていません。

こちらは3回目のレーザー脱毛直後の頬の様子。頬と鼻の下、アゴ周囲が赤くなっているのがわかります。若干腫れている感じもありますが、この状態はアフターケア後数十分で落ち着いてきます。

こちらは3回目のレーザー脱毛後の頬です。直後よりもだいぶ赤みも引いて、貼れている感じもよく見ないと分からないほどになっています。

メディエススキンクリニックに通う磯崎氏のヒゲ脱毛の経過

1回目-2012/04 2回目-2012/05 3回目-2012/06
4回目-2012/07 5回目-2012/09 6回目-2012/10
7回目-2013/02 8回目-2013/04 9回目-2013/10


このページのトップへ