1. 都度払い

都度払いとは

都度払いだと期限を気にすることなく通えるため心の負担も少ない。お金がないときは無理をして回数分まとめて支払わず、都度払いを利用しよう。

都度払いとはその名の通り、エステやクリニックでの支払いをその都度することです。

大手メンズエステのニードル脱毛は時間単位の支払いなので、チケットなどでポイントを購入します。そのポイントで消化できる時間をまとめ買いを勧められたりするため、大手エステでは都度払いができないところがほとんどです。

一方クリニックやフラッシュ脱毛を行っている中堅メンズエステでは1回いくらという金額が設定されていることも多く、1回のみの支払いも可能です。

なので金銭的に余裕がない人は都度払いが可能なクリニックや中堅エステを選びましょう。

6回/1年コースなどはお得に感じますが、実際は忙しくて通えなくなったり、通うのが面倒になったりして実際通えたのは3回だったということもよくあります。

通う期限が決められている回数制度のコースは自分のスケジュールや自分の性格をよく考えてから決めましょう。逆に都度払いの方が安く済む可能性も高いです。

もちろんエステやクリニックでは6回コースなどを勧められますが、そのコースの通う期限や期限延長などといった契約内容はよく確認することです。

大手エステや中堅エステの契約書の裏には何気に細かい内容の規約が書かれています。遅刻した場合の罰金キャンセル料などがあったり、解約する際の手数料なども条件があるため、しっかりと確認しておきましょう。

都度払いと一括払いは総額費用で比較

都度払いと一括払い。どっちが得か?という点ではたいてい一括払いが得です。

都度払いは費用を払う側にとっては気軽ですが、クリニックやエステからしてみれば、都度払いは継続してきてくれる可能性が低くなるため、できれば回数が決まっているコースを契約してもらいたいものです。

また、ヒゲ脱毛は1回のレーザー照射でヒゲが生えてこなくなるわけではないので、最低でも6回は通わないと毛周期1周もできません。(⇒髭の毛周期について)

髭が濃い人や青髭に悩む人は回数制限がないクリニックがおすすめです。

湘南美容外科は期限4年。ドクターコバは無期限で通えるので、総合費用としては安く済みます。

ちなみにこちらはドクターコバの料金表です。

ヒゲは口・顎・頬・顎下・首の広範囲となり、ヒゲのほぼすべてをカバーするので安心です。また 1回25,000円の施術を受けて、6回目以降の施術は予約料金100円のみとなり、無制限となるので大変お得です。

ドクターコバ 料金表 画像

ちなみに一括払いだと26,000円お得になります。ドクターコバでは大抵の人が一括払いを申し込むそうです。

湘南美容外科は髭の範囲が口周りとアゴ下という範囲なので、全体的にヒゲが濃い人は、ちょっと遠くてもドクターコバに通えるのなら、総合費用と費用対効果を考えてもドクターコバが安く済みます。

髭が濃い、青髭の人は⇒ドクターコバ銀座院 / 名古屋院
髭の生えている範囲が広くない人は⇒湘南美容外科

がいいですね。メンズエステは効果がでるまで時間もかかるのでヒゲに関してはクリニック、医療レーザー一択ということを覚えておきましょう。

ブックマーク
はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 livedoorクリップへ追加 Googleブックマークへ追加 niftyクリップへ追加 fc2ブックマークへ追加 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク
  • トップページ
  • ひげ脱毛7つの心得
  • エステでヒゲ脱毛
  • クリニックでヒゲ脱毛
  • ヒゲ脱毛とモテ男