1. 毛嚢炎

毛嚢炎(もうのうえん)

医療レーザー脱毛2日後の写真。泥棒ひげの状態で毛のう炎までできてしまった。

毛嚢炎(もうのうえん)はにきびのようなもので、横の写真は神奈川クリニックで口周りのヒゲを医療レーザー脱毛をした2日後にできた毛のう炎の状態です。

普段にきびなどできにくい肌質だったので、かなりビックリしました。

医療レーザー脱毛でダメージを受けた毛包に細菌感染を起こす(ばい菌が入る)とこのような毛のう炎という炎症がでます。ヒゲを医療レーザー脱毛する人にはよくあることのようです。

まさににきびのようなの赤いもり上がった皮膚炎

しかもかゆい!

僕の鼻の下にできた毛のう炎のように膿ができることもあります。写真を拡大すると見えますが、医療レーザー脱毛後に大小含め8個くらいできました。

神奈川クリニックで処方されたデモンゾールGクリーム(抗生物質の軟膏・クリーム)を塗ったり塗らなかったりで2週間後にはきれいになりました。

毛のう炎は医療レーザー脱毛のデメリットですよね。

個人差や肌質、ヒゲの太さなどによってもその酷さは変わってくると思います。

神奈川クリニックのあとに行ったドクタータカハシでも出力を26J(ジュール)まであげてもらったら毛のう炎ができました。照射出力が高いほど毛のう炎が出やすいことがわかりました。

ドクタータカハシのP-NAIN(フラッシュ)脱毛では通常19〜21Jで照射してもらっていましたが。ドクタータカハシで4回目の施術で26Jまで出力を上げてもらったら、毛のう炎ができてしまいました。

医療レーザーでもフラッシュでも出力を上げたほうが早くなくなる気がしてあげてもらったのですが、出力を上げてもらうともちろん痛みも強くなるし、毛のう炎のリスクも高くなるということを覚えておきましょう。

毛嚢炎の予防薬の処方はゴリラクリニックへ

毛嚢炎が気になる、毛嚢炎になったら困るという人、ニキビができやすい肌質の人には毛嚢炎の予防薬の処方が可能なクリニックもあります。

ゴリラクリニックでは毛嚢炎予防のための内服薬(抗生物質)の処方が可能。

処方には1,080円がかかりますが、ゴリラクリニックでの施術後に毛嚢炎ができた場合、内服薬は無料で処方してもらうことが可能です。施術後の内服薬の処方は施術を受けた医院以外でも可能でゴリラクリニック(イセアクリニック)であればどの医院でも初診料・再診料も必要なく処方してもらうことができます。

ゴリラクリニックでは痛みに弱い人には笑気麻酔、毛嚢炎のリスクが気になる人には抗生物質の処方といったオプションがあり、髭脱毛をしたいけど、施術後の肌荒れや痛みが気になる人でも安心して通えるクリニックです。


>>ゴリラクリニックの詳細はこちら<<

関連記事:泥棒ひげ 神奈川クリニックで脱毛2日後の変化〜泥棒ひげと毛のう炎

ブックマーク
はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 livedoorクリップへ追加 Googleブックマークへ追加 niftyクリップへ追加 fc2ブックマークへ追加 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク
  • トップページ
  • ひげ脱毛7つの心得
  • エステでヒゲ脱毛
  • クリニックでヒゲ脱毛
  • ヒゲ脱毛とモテ男