1. 医療レーザーとニードル、フラッシュ脱毛の違い

医療レーザーとエステの脱毛の違い

医療レーザ脱毛、エステでの脱毛といってもいくつか種類があります。その種類を大きく分けると、クリニックや美容外科で受けることのできる医療レーザーでの脱毛、エステで受けることのできるニードル脱毛とフラッシュ脱毛。その種類とつながりを図にしました。

医療レーザーとエステの脱毛の違いの関連図

医療レーザー脱毛といっても大きく分けて3種類あり、レーザーの波長が違ったり、部位や肌質に応じて使い分けてくれるところもあります。

エステでの脱毛は大きく分けて二つ。ニードル脱毛とフラッシュ脱毛です。フラッシュ脱毛はエステによって呼び名が違うことがあります。たとえば、ヨーロピアン脱毛、ルニクス脱毛、保湿光脱毛、I2PL脱毛、IPL脱毛、プラズマ脱毛などと表記されていることがありますが機械は違うものの大抵フラッシュ脱毛と同じ効果だという認識でいいでしょう。

何が違うかは医療レーザーの3つは出力の波長の違い。痛みの違い。またフラッシュ脱毛との違いは簡単に言えば出力の違いです。

ニードル脱毛は針脱毛なので、医療レーザー、フラッシュ脱毛とは違い1本1本の施術が必要で、時間単位で料金が設定されています。

大きな違いは通う期間と痛み

こちらは、脱毛の気になる脱毛の痛みでもつかったのですが、痛みと通う期間でつくった表です。

ヒゲ脱毛の痛みと通う期間

僕のエステやクリニックにいって感じた痛みなどを元にあらわしたものです。なのでこれは個人によって感じ方も違うと思われます。

ヒゲを毛抜きで抜いて処理している人は痛みになれているようで、ニードル脱毛でもそこまで痛みを感じないという人もいます。人によっては耐え難い痛さでもあるニードル脱毛も毛抜きで抜いている人にはたいしたことない痛みです。

なのでこの医療レーザー脱毛と、フラッシュ脱毛、ニードル脱毛の特色を理解し、自分に一番あった方法と予算で行く場所を決めるのが一番です。

医療レーザー脱毛の種類と違い

医療レーザー脱毛機の種類

レーザーの種類別に分けると3つ、パルスライトの脱毛機は別カウントですが、医療脱毛機です。さらに複合機なども混ぜるとこんな感じの脱毛機がクリニックで主に使われている脱毛機です。

医療レーザー脱毛は大きく分けて3つほどあります。本当はこの3つもさらに細かく分けることができます。レーザー脱毛機を開発している元の会社が違うとやはり機械ごとにそれぞれ特色があるため、冷却機能が付いていたり1つの機械で2つの波長が扱える、冷却の有無など、細かく分けるときりがありませんので割愛します。

ここで紹介するのは図にもあったダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ロングパルスヤグレーザー(=ロングパルスYAGレーザー)にしておきます。さらに詳しくは医療脱毛機の種類と最新機種にて書いています。

主な医療レーザー脱毛機の特徴

ダイオード アレキサンドライト ロングパルスヤグ
ダイオードーレーザー ルミナス  アレキサンドライトレーザー ジェントルレーズ ロングパルスヤグレーザー クールガイド
痛みが少なくある程度の産毛まで対応可能。現在よく使用されているレーザー。アレキサンドライトレーザーより痛くない。 1997年以来日本に導入され広く使われているレーザー。ダイオードより痛みを強く感じます。 ジェントルレーズのシェアは一番といわれている。 男性の脱毛に最適な肌の色などを選ばないレーザー。光が深くまで届くのが特徴。

また肝心な痛みですが。
出力の設定や肌の色、肌の水分量や厚み、痛みの感じ方は個人差があるので一概にダイオードーが痛いとかアレキが痛いというのは比較しがたいです。

クリニックによっても照射スポットの大きさや出力のジュール数も違うため、機械での痛みの違いは比較対象にはならないと看護師さんがいっていました。

ひげは他の体毛と違い密集度が高く、毛の根元4o〜5oと深いのでターゲットに光を当てるにはある程度の出力が必要です。またヒゲ脱毛は炎症も起こしやすく、やけどもしやすいため施術と同時に冷却できる脱毛機や代表的なレーザーが組み合わさった複合機などもあります。

最近はメディオスターというターゲットを毛根ではなく、バルジ領域という部位にダメージを与える新しい医療レーザー脱毛機が出ており、痛みも少ないため、数多くのクリニックが我先にと導入を進めています。メディオスターはこれからシェアが拡大されると思われ、注目の医療脱毛機です。

医療レーザー脱毛 複合機

■エリート(アポジーエリート)
2つの波長が搭載され、幅広い毛質に適応できるマルチレーザーシステム。
アレキサンドライトレーザーと、ヤグレーザーの機能が合わさった複合機です。

■コメット
ダイオードレーザーとRF(高周波)が組み合わさった新しい医療用脱毛装置。
1台でほとんどの肌質、毛質・毛の太さに対応することができます。

■フォトRF
次世代光治療器として注目をあびており、医療脱毛を行うことができます。二つの異なるエネルギー、RF(高周波)とIPL(光エネルギー)を組み合わせ、これまで難しかった産毛や白髪の脱毛も可能です。
RFによる毛穴の引き締め効果と美白効果が脱毛と同時に得られます。

>ヒゲ脱毛を完璧に終わらせる!

ブックマーク
はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 livedoorクリップへ追加 Googleブックマークへ追加 niftyクリップへ追加 fc2ブックマークへ追加 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク
  • トップページ
  • ひげ脱毛7つの心得
  • エステでヒゲ脱毛
  • クリニックでヒゲ脱毛
  • ヒゲ脱毛とモテ男