1. ヒゲ脱毛のダウンタイムとは

ダウンタイム

ダンディハウスでニードル脱毛した後のほんの少しだけ赤くなった肌。間近で見ないとわからない程度。

ダウンタイムとは何らかの施術を受けた後に肌の状態が通常の状態に回復するまでの期間のことを言います。

医療レーザー脱毛でも出力の高い脱毛機で強めの出力で施術したとき、脱毛箇所の肌が弱かったりすると赤く腫れたり軽いやけどのような状態になってしまうことがあります。(そうならないようにクリニックでは出力の調整をしていますが)

赤くなった肌、炎症を起こしてしまった肌が通常の状態になるまでの期間をダウンタイムといいます。

肌が赤くなったり腫れたりした場合、程度にもよりますが塗り薬が処方されたりもします。通常はそうならないように医療レーザーでもフラッシュでも照射後はクールダウンといって、冷たいタオルやアイスノンで肌の鎮静をします。

ダウンタイムを短くする鎮静と塗り薬

髭脱毛後保冷剤でクールダウン

こちらはドクターコバ銀座院での肌の鎮静の様子。ドクターコバは他のクリニックに比べてもこの肌の鎮静の時間をきちんととっていて、クールダウンの時間もしっかりある方です。

青ひげのようにヒゲが濃い人は医療レーザーの反応も強いため、肌が赤くなり少し腫れてヒリヒリします。

ヒリヒリといった症状は数時間で解消されますが、炎症止めの薬は2~3日塗ります。

ダウンタイムは個人の肌の回復力や処方された薬の強さなどによっても期間は変わってきます。

通常、エステでも、クリニックでも肌に負担をかけないように出力を調整しやけどや炎症が起こらないようにしてます。

そのため脱毛にはダウンタイム的な期間はあまりないですが、脱毛後は自分で肌のお手入れをしてあげることも重要。

ヒゲ脱毛後は肌の乾燥による毛嚢炎や肌荒れが懸念されるため、洗顔と保湿はきちんとして、汚い手で顔を触らないようにするなどの意識は必要です。

ブックマーク
はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 livedoorクリップへ追加 Googleブックマークへ追加 niftyクリップへ追加 fc2ブックマークへ追加 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク
  • トップページ
  • ひげ脱毛7つの心得
  • エステでヒゲ脱毛
  • クリニックでヒゲ脱毛
  • ヒゲ脱毛とモテ男