脱毛の種類

ヒゲ脱毛の値段いくら?

脱毛を始める前に知っておきたいことのうちの2つ目が脱毛の種類について。

エステで行っているのは大きく分けて2つ。ニードル脱毛とフラッシュ脱毛。
まれにワックスでの脱毛もやっているエステがありますが、ほんの一時的な脱毛効果しかありませんので割愛します。

もうひとつはクリニック、皮膚科などの医療機関でのみ行える医療レーザー脱毛。

ニードル、医療レーザー、フラッシュ、大きく分けて3つの脱毛手段があります。

この3つは永久脱毛というかいわないか?すごく微妙ですが、一応かなりの高い確率で2度と毛が生えてこないことを目指している施術です。エステでもクリニックでも永久脱毛と謳っているところは少なく、その理由はどの施術方法もその技術の月日が浅く、ニードルはだいぶ長いですが、レーザー、フラッシュに至っては10数年しか経っていないので、20年後、30年後本当に生えてこないか?という証明がされていないためだと思われます。(もすくは薬事法とか、誇大広告とかに引っかかるからなのではないでしょうか?)

とはいえ、15年前に主流だったニードル脱毛をしたことのある女性の証言によれば、たま~に1本生えてくるくらいでほとんど完璧に終わっているとこのと。ちなみに職場の女性の証言では、5年前にエステでフラッシュ脱毛をして、今はまったく生えてこないそうです。

ということで僕的にはどれも永久脱毛と言ってもいいのではないかと思うほど効果はあり!と思っています。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は大手エステの行っている脱毛方法です。

ニードル脱毛というのは針脱毛、電気脱毛とも呼ばれています。1980年代からエステで取り扱われ始めた脱毛機で、資格のあるエステティシャンのみが取り扱えます。ニードル脱毛は毛1本1本に針を指し電気を流して処理していきます。また毛をピンセットでつかんで行うため、ヒゲは少し生えている状態にしておく必要があります。前日もしくは前々日からヒゲの処理はしないでおく方がいいです。

TBC、ダンディハウスはこのニードル脱毛を採用しています。ただし、エステティシャンの経験年数やセンスによって痛み、処理時間に大きな差が出てしまうというのがデメリットです。ニードル脱毛は時間単位で課金されます。TBCはP3カードというポイントを購入して時間単位でそのポイントを消化。TBCの場合1分600円という単価設定らしい。

よくあるTBCの1000円チケットは約9分の施術が体験可能。担当のエステティシャンにもよるが約90本の脱毛が試せる。

ニードル脱毛はヒゲをデザインしたい人向け。ヒゲのおしゃれを楽しみたい、形をしっかり残したいという人に向いています。

レーザーやフラッシュなどでは照射範囲が広いため、正確な形をデザインすることには向いていません。

ダンディハウスのニードル脱毛は30分7875円(1分262.5円)ダンディハウスの入会金は31,500円で、2年間有効です。(更新は10,500円) ニードル脱毛なら料金が明確ダンディハウスが良心的です。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛はクリニックや美容外科、皮膚科など資格を持つ医者がいる施設で行えるレーザー脱毛です。一般的にエステで行える脱毛はレーザー脱毛ではありません。

医療レーザー脱毛は医者の下行える脱毛機のため、出力が強く、かなり痛みを伴います。ニードル脱毛ほどではないという人もいますが。肌の状態や痛みによっては部分麻酔、笑気麻酔、麻酔クリームなどを使うこともあります。

医療レーザーといっても、導入されている脱毛機はさまざまです。とはいえほとんどの医療レーザー脱毛は光の出力が強く、ターゲットを確実に狙え、脱毛効果はかなり期待できます。エステのフラッシュ脱毛との違いは、出力の強さと照射範囲の違いです。

医療レーザー脱毛は出力は強いのですが、照射範囲は狭いのが特徴です。大体1cm×1cm程度の照射範囲しかないので、ショット数はエステより必然的に多くなります。出力が強いので目に見える効果は多少エステよりあるといえます。

医療レーザー脱毛はクリニック、美容外科などによって単価がまちまちです。また最初の1回目はお医者さんが見てくれますが、大抵は他の従業員さんに切り替わります。

メリットとしては、皮膚専門医がいる場所なのでトラブルがあったときに薬を処方してもらえること。出力が強いため、エステより施術は早く終わる可能性が高いこと。エステと違って勧誘行為はほぼないことです。

デメリットは、痛いことです。麻酔を使ってもらう必要があるほど痛い人もいるということは覚悟して、痛かったら無理せずに麻酔を利用することです。また出力が強いため、施術後は肌の表面が赤くなる人が多いです。

フラッシュ脱毛(光脱毛・IPL脱毛)

フラッシュ脱毛とは、光脱毛、IPL脱毛と同じくエステで一般的に使われている脱毛機です。エステでは、医療行為に当たる医療レーザー並みの出力を出せる機械は使うことができません。フラッシュ脱毛、光脱毛、IPL脱毛はエステでできる永久脱毛です。(とはいえ永久脱毛とは謳っていません。)

フラッシュ脱毛の特徴は、出力が医療レーザーより低いため、痛みがそれほどではないということ。ニードル脱毛や医療レーザー脱毛よりも痛くないのが特徴です。

また医療レーザーやニードル脱毛よりも一度にダメージを与えられる照射範囲が広いです。そのため、痛みに強くない人には一番お勧めといえます。

フラッシュ脱毛は、脱毛箇所を冷却、保湿ジェルで冷やし、光を照射します。ただし、まだメンズ脱毛に専門としているエステが少なく、いける場所が限られているのが残念なところ。価格的にもまだ高いといえます。女性の脱毛エステは競合が増え、単価が7~8年前よりもだいぶ安くなったようです。メンズ、ヒゲ脱毛が安くなるのを心待ちにしてます。


このページのトップへ